大会要項・情報

JTA公式テニストーナメント再開ガイドライン

大会紹介ムービー

ご挨拶    

公益財団法人
日本テニス協会 会長

西

 「ソニー生命カップ第42回全国レディーステニス大会」を、今回も東京都昭島市昭和の森テニスセンターにおいて開催できますことを大変嬉しく思うとともに、未曽有のコロナ禍のなか、都道府県の予選を見事勝ち抜いて全国決勝大会に出場を果たされました代表選手の皆様に、 心よりお祝い申し上げます。
 ここまで来ることができましたのも、長年にわたりこの大会に特別協賛いただいておりますソニー生命保険株式会社様はじめ、数々の困難を乗り越えて開催実現にご尽力いただいた関係各位の並々ならぬご努力の賜物と、深く感謝申し上げます。
 選手の皆様には、日頃の練習の成果を十分に発揮され、日本一に向け悔いのない戦いを見せていただきたいと期待しております。さらに、この機会を通じてお互いの友好を深め、レディーステニス界の裾野を全国規模で拡げるとともに、生涯スポーツとしてのテニスの楽しさ素晴らしさを各地において広め、日本女子テニスのみならず、我が国テニス界の発展にもお力添えを頂戴できれば幸いでございます。
 最後になりましたが、この大会に特別協賛いただいておりますソニー生命保険株式会社様、同じくご支援をいただいていております朝日新聞社様、さらに、大会開催にご尽力いただいておりますすべての関係者の皆様に改めて深く感謝を申し上げ、ご挨拶とさせていただきます。

朝日新聞社
代表取締役社長

※肩書は大会開催当時

 新型コロナウイルスが世界を席巻し、1年が過ぎました。この大会を開催できますことを、今年ほど感慨深く受け止めたことはありません。コロナ禍の最前線で闘い続けている医療関係者のみなさま、そして本大会の開催にご尽力くださった特別協賛のソニー生命保険株式会社様、主催の日本テニス協会様、主管の日本女子テニス連盟様、その他ご協力いただいたすべてのみなさまに深く感謝を申し上げます。
 今回、都道府県大会の参加者は前回より2,500人近く減り、5,795人だったそうです。開催できなかった県も9県あったとお聞きしています。全国決勝大会を目指しながら断腸の思いで出場を断念した人、思うように練習ができず力を出せなかった人・・・、ここに集うことができなかったすべての選手と関係者のみなさまに、心からの敬意とエールを送りたいと思います。 厳しい環境のなかで全国決勝大会出場を果たした選手のみなさま、おめでとうございます。出場が叶わなかった選手の分まで、存分に力を発揮していただければと思います。
 心置きなくテニスを楽しめる日常が戻ることを、みなさまと一緒に願っています。

日本女子テニス連盟 
会長

 ソニー生命カップ第42回全国レディーステニス大会全国決勝大会が開催されます。
2020年度は新型コロナウイルス感染拡大により世界中の人々の生活が一変しました。
医療従事者、関係者の皆様に心より感謝申し上げます。
 本大会の都道府県大会も自治体の状況と各支部のご判断により新型コロナウイルス感染防止対策を充分に取り開催して下さいました。加えて、通常は11月の全国決勝大会を3月に延期し、ここ昭和の森テニスセンターにおいて開催する事が出来大変嬉しく存じます。
選手の皆様はコロナ禍という厳しい環境の中、予選を戦い抜き各都道府県代表選手としてご出場されました事、心よりお祝い申し上げます。と同時に参加してくださいました事に深く感謝申し上げます。
 現在、このような状況下でも大坂選手・錦織選手や他多くの日本の選手が活躍しテニス愛好者に元気と勇気を与えてくれております。
 自粛期間中スポーツが出来ず虚しくなりましたが、スポーツ(テニス)の楽しさ、有難さを身に染みて感じました。日本女子テニス連盟は今だからこそ元気に笑顔でテニスの素晴らしさ、テニスの楽しさを伝え、多くの女性の健康増進とテニスの普及活動を進めてまいります。
 日本女子テニス連盟は主管として新型コロナウイルス感染防止対策を充分取り全力で取り組み、選手の皆様が気持ちよくプレーできる環境作りに励みます。
 末筆ではございますが、特別協賛を頂いておりますソニー生命保険株式会社様、主催の公益財団法人日本テニス協会様、朝日新聞社様、又ご協賛、ご協力いただいております関係各位の皆様方に心より感謝申し上げます。

公益財団法人
日本スポーツ協会会長

 ソニー生命カップ第42回全国レディーステニス大会全国決勝大会が盛大に開催されますことを心より祈念申し上げます。
 昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響により、東京オリンピック・パラリンピック競技大会をはじめとした多くのイベントや大会等が中止や延期となり、スポーツを取り巻く環境や日常生活が激変することとなりました。今後は、新型コロナウイルスを想定した“新しい生活様式”を取り入れた日常やスポーツ活動の再開が期待されます。さらにはスポーツを通じて国民が生涯にわたり心身ともに健康で文化的な生活を営むことができる社会の実現が望まれています。
 そのような中、人々のスポーツに対するニーズが多様化し、地域に根差すスポーツ活動の重要性が増すとともに、スポーツへの期待はますます高まっています。
 各都道府県での厳しい予選を勝ち抜かれ、代表として出場されます選手の皆様には練習の成果を十分に発揮されますよう願っております。
 本大会が回を重ねるごとに充実し、市民スポーツの発展と女性の健康増進に大きく寄与されておりますことは、ひとえにテニスを愛する皆様のご努力と熱意に支えられた結果であると心から敬意を表します。
 終わりに、本大会の開催にあたり多大なご尽力をされた関係者の皆様に重ねて敬意を表するとともに、全国の仲間と親睦・交流を深められ実りの多い大会となりますようご祈念申し上げます。

日刊スポーツ新聞社
代表取締役会長

 「ソニー生命カップ第42回全国レディーステニス大会」の全国決勝大会には、全国各地の厳しい予選を勝ち抜かれた、さわやかレディースの皆さんが集われます。今年で42回目をむかえる本大会の開催にあたり、心よりお慶び申し上げます。
 選手の皆さんには、各都道府県代表としての誇りと自信を持ってどうか悔いのないプレーを見せてください。勝つことはもちろん大切です。しかし、その前にレディーの名にふさわしく、マナーを重んじたプレーを心がけていただきたいと思います。そんな、さわやかレディーにこそ、勝利は似合うものだと確信します。
 また、大会をテニスプレーヤー同士の交流の場にしていただき、大会後のいろいろなお付き合いのきっかけにしていただきたいと存じます。大会期間中、さらには大会後のふれあいこそがテニス競技の底辺拡大、競技振興につながるものと思います。選手の皆さんには、どうか「心のプレー、心のふれあい」を合言葉に、全力を尽くしていただきたいと思います。
 最後になりましたが、本大会の開催にあたり、ご尽力された関係各位に心より敬意を表すとともに、大会の成功をご祈念申し上げ、祝辞とさせていただきます。

昭島市長

 「ソニー生命カップ第42回全国レディーステニス大会」の全国決勝大会が、ここ昭和の森テニスセンターで、盛大に開催されますことを心よりお喜び申し上げますとともに、選手の皆様、並びに関係者の皆様を、開催地であります昭島市を代表し、心より歓迎いたします。
 選手の皆様方におかれましては、この大会の目的である「市民スポーツの発展と女性の健康増進」のもと、日々の仕事や家庭と両立しながら、限られた時間の中、厳しい練習を積み重ね、ひとりのスポーツ選手として挑戦し続けるその姿勢に心より敬意を表します。
 この一年は新型コロナウイルス感染症の影響により、思うようにトレーニングができなかったことと存じますが、今日の全国決勝大会に進出された道のりを誇りに、友好と親睦を目指し、加えてコロナ禍の中においても明るさと元気を皆様に届けていただくよう、そして最後までお怪我のないように、全力で試合に臨んでいただきたいと存じます。
 結びに、大会の開催にご尽力いただきました関係者の皆様に心より敬意を表するとともに、本大会の成功と、テニスという競技を通じて、各地域のスポーツ文化活動が益々充実されていくことをご祈念申し上げ、歓迎と激励の祝辞とさせていただきます。

ソニー生命保険株式会社
代表取締役社長

 ソニー生命カップ第42回全国レディーステニス大会の全国決勝大会が開催されますことをお慶び申し上げます。
 この度のコロナ禍により、東京オリンピック・パラリンピックが延期になり、アマチュアイベントでも中止や延期が相次ぎました。このような厳しい状況においても、本大会は無観客やオンラインの活用など、感染防止対策を徹底した「新しい形」で開催することができました。改めて関係各位のご尽力に対して深く感謝いたします。
 また、厳しい予選を勝ち抜き代表選手となられた皆様、誠におめでとうございます。予選大会では、ノベルティや感染防止グッズのご提供など、今年も当社のライフプランナーが、今できる形で、運営サポートをさせていただきました。コロナ禍で制約がある中でしたが、強い気持ちで大会に臨む皆様の姿に、勇気と感動をいただきました。全国決勝大会でも、日頃の力を存分に発揮されますよう期待しています。
 最後に、主催の日本テニス協会様、朝日新聞社様、主管の日本女子テニス連盟様をはじめ、本大会開催にお力添えくださいました関係各位に心より感謝申し上げますとともに、大会の成功を祈念し、祝辞といたします。

第42回 全国決勝大会 大会要項

◆日程

2021年3月10日(水)・3月17日(水)~3月19日(金)

3月10日(水)

16:30

開会式
監督会議
ドロー抽選会(オンライン)

3月17日(水)

 

公式練習対応日

3月18日(木)

9:00〜9:30

1回戦
準々決勝

3月19日(金)

9:00

準決勝
決勝
3位決定戦

14:00
(予定)

表彰式

◆会場へのアクセス
昭和の森テニスセンター
東京都昭島市田中町600番地
◆試合方法について
種目 女子ダブルス
試合方法
  • ・ノーアド2タイブレークセット、ファイナルセット10ポイントマッチタイブレーク方式。
  • ・天候不順等、やむを得ない事情により変更する場合があります(雨天時は前日判断)。
  • ・その他については「JTAテニスルールブック2020」の競技規定による。
審判 SCUで実施しますが、ラインアンパイアは最終日まで終日設置しません。
使用球 ヨネックスマッスルパワートーナメント(TMP80)~第42回大会指定球
◆参加にあたって
服装 ゲーム時のウェアは各ペアで、ウォームアップスーツはチームで、色を統一すること。(ゲーム時のウェアは3ペアが各々違う色でも良い)
※今年度のウォームアップスーツは全メンバー同一でなくても構いません。
 統一感のあるものを着用願います。
参加資格 都道府県大会で正式に決定された選手。
参加料 1チーム30,000円
この大会はワンコイン制度の対象で、1チーム500円となります。
表彰 1. 1位チームにクリスタルトロフィー
2. 1位~4位入賞各チームに持ちまわりカップ・賞状
3. 1位~4位入賞各チーム選手に入賞楯・副賞
※一部変更が生じる場合もあります。ご了承ください。
観戦 新型コロナウイルス感染拡大防止対策により、無観客試合での開催となります。

大会運営 日本女子テニス連盟

会長

武正 八重子

名誉会長

飯田 藍

副会長

小泉 弘子

理事長

岡川 恵美子

大会委員

大畑 始生子

レフェリー

西久保 貴美恵

アシスタントレフェリー
  • 中田 幸代

  • 草野 史子

  • 松下 広子

総務委員長

飯田 みど里

総務委員
  • 石黒 友希

  • 谷 孝子

  • 金子 利子

競技委員長

澁川 貴子

競技委員
  • 松本 美智子

  • 下 美樹子

  • 寺田 康子

  • 山川 恵

  • 渡辺 晴美

  • 佐藤 千枝

  • 安池 貴実代

  • 善田 紫紺

  • 宮本 祐子

  • 福山 葉子

  • 川上 眞帆子

審判委員
  • 吉本 孝子

  • 福冨 よし子

  • 霜野 玲子

  • 岩田 美枝子

広報委員
  • 保坂 澄子

  • 磯長 弘美

第42回 代表選手一覧

エリアを選択すると各地区の代表選手の写真を見ることができます。

出場選手を見たい
エリアをクリック!

群馬県代表

群馬県代表写真

埼玉県代表

埼玉県代表写真

千葉県代表

千葉県代表写真

東京都代表

東京都代表写真

神奈川県代表

神川県代表写真

長野県代表

長野県代表写真

北信越地区を見る

新潟県代表

新潟県代表写真

北信越地区を見る

岐阜県代表

岐阜県代表写真

東海・関西地区を見る

愛知県代表

愛知県代表写真

東海・関西地区を見る

兵庫県代表

兵庫県A代表写真

東海・関西地区を見る

広島県代表

広島県代表写真

中国地区を見る

福岡県代表

福岡県代表写真

九州地区を見る

長崎県代表

長崎県代表写真

九州地区を見る

←
→

ご不明な点は事務局までご連絡下さい。

第42回 ドロー表

※過去大会の結果が表示される場合、インターネット一時ファイルを削除してからご覧ください。


3月19日 更新

第42回 大会結果

1回戦
1回戦
準々決勝戦
準々決勝戦
決勝戦・準決勝戦・3位決定戦